猫的有生活

初めて猫を飼います。 どうしたらいいか分からなくて探り探りの毎日。 ぶっちゃけアドバイス下さい。

--/--/-- --:--

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006/11/26 15:51

生と死と。 

thug_bear.gifバキューン!





▽やられた!!!
061126n1.jpg



▽ゲフッ・・・
061126n2.jpg





すごい寝相だったので思わずカメラに収めてしまいました(笑)



banner_fc2.jpg{コレを押すと更新速度が上がるよ!

とりあえず、都会から田舎に帰ってきましたょ。
レオは走り回って喜んでくれました。
足音がなぜかパッパカパッパカいうんですけど…(^^;)
いつのまにかギャロップを覚えたようです。
心配していた家の破壊活動もなく、おもらしもなく、世話を頼んでいた姉の話によるととても良い子だったようです。
じゃぁなんだ、普段のお前は。
アレか。やはり構って欲しくてわざとやっとんのか。
うむ、愛いヤツめ(違ッ



本当は先週の日曜日には戻ってたのですが、私たちの帰宅を待っていたかのように翌日祖母の容態が急変、お星様になってしまいました。
バタバタしていたらあっという間に一週間たってしまい、ブログのこともすっかり頭からぶっ飛んでました(^^;

祖母はガンでした。
娘であるママンもビックリするくらいお医者さんはあっさりと告知したらしいです。
告知を受けても祖母は普通に暮らしていて、笑いながら「もう長くないけん欲しいもんあったら言わんといけんよ」(もう長くないから欲しいモノがあったら言ってね)と言っていたので、きっと病気もその先にある死も受け入れていたのだと思います。
逆に私の方がとまどってしまってどう接したらいいのか分からなかったのだけど、ある人に「歳をとるとね、余命半年とか言われても『もう十分生きたからいっか?』って思えるようになるのよ。自然って良くできてると思うわ。若い頃のように死が怖いなんてちっとも思わなくなるの」と言われました。
以前学校で死生学という分野をほんのちょこっとだけ囓ったのですが、ガン末期患者に共通する心理過程として最終的にどの患者も死を受け入れるというデータがあることもそれを聞いて思い出しました。
そしてなんとなくだけど、死というものは漠然と唐突にやってくるものではなくて、それを受け入れた人を選んでやってくるものなんじゃないのかなって思いました。(もちろん受け入れる前に突然死がやってくる不幸な人もいるけれど…)
だから本人も穏やかな顔でいられるし、周りの人も深い悲しみにとらわれたとしても心の傷にはならない。
だってそれがとても自然なことだから。
感情とか理性とかそういうものの前に本能が理解してるんじゃないのかなぁ。
自然ってすごいな!

私は今レオがいてとてもハッピーだけど、いつか必ずレオはいなくなります。
私はそれがとても怖かった。
レオが来て三週間目くらいにもうすでにレオが死ぬ夢を見て二、三日めっちゃブルーになったこともあります(気が早すぎ!!
だから出来るだけお別れの日のことは考えないようにしてました。
考えただけで泣けてくるし。
でも今回のことを通して、もしいつかその時がきても大丈夫なんじゃないのかなって思えるようになりました。
もちろんすごい泣くと思うし、いつまでもレオのことは忘れられないとおもう。
けどそれが心の傷になったりはしない。そんな確信。
きっとそれが弱っちい私に祖母がくれた最後のプレゼントだと思います。

祖母は”こうちゃん”という甲斐犬っぽい犬を飼ってたらしいので、今頃虹の橋で再会を喜んでいることでしょう。

長々と抽象的でつまらない話(しかもレオ全然関係ない!)失礼しました?m(_ _)m



banner_ninki.jpg{よろしければ応援して下さい!

スポンサーサイト

コメント

  1. myutha | URL | #Z.6WIqfk
    azyさん、おはようございます。
    お祖母さまの訃報、お悔やみ申し上げます。
    お祖母様、最期まで素敵に「生」をまっとうしたのですね。
    死を受け入れるまでにいろんな葛藤があったこととおもいますが、それを乗り越えて受け入れる。理想です。
    きっと周りの方に愛され、周りの方を愛した方なのだろうなと思います。
    「虹の橋」ではこうちゃんと会えて喜んでいる事でしょうね。

    「虹の橋」。このお話を知ってからたとえ現世でお別れしてもいわゆるあの世で再会できるのだと思うようになって少し「死」でのお別れに対しての恐怖心がなくなったような気がします。

    それにその人を思うとき、目に見えなくてもその人はそばに来ていると思います。
    お祖母さまもきっと。

    azyさん、元気出してね!

    レオ君、無防備に寝ちゃって!
    よっぽど安心しきっているのですね!
    (2006/11/27 09:18 :: 編集)
  2. azy | URL | #-
    ありがとうございますm(_ _)m
    祖母は超がつくくらいカッコイイ人でしたょ。
    だから今は苦しみのない世界でかっこよく、自由に好きなことをしていると思います。
    虹の橋のお話、すごくいい話ですよね。
    絵本とかになったりしないのかな…って常々思ってました。
    もっと多くの人に知ってもらいたいお話ですね。
    (2006/11/27 23:28 :: 編集)
  3. myutha | URL | #Z.6WIqfk
    azyさん、こんにちは。
    カード企画参加していただいてありがとうございました。
    昨日私のPCの調子が悪く、azyさんのところにメールが届いたかどうか不安なので、よろしかったら上記のメルアドにメールいただけませんか?
    よろしくお願いします。
    (2006/12/02 09:55 :: 編集)
  4. azy | URL | #-
    >myuthaサマ

    ちゃんと届いてましたよ~。
    折り返しこちらからメールしました。
    ヨロシクです☆
    (2006/12/05 17:57 :: 編集)

コメントの投稿


Secret : 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://lovelylionel.blog66.fc2.com/tb.php/86-d3ca1a39
この記事へのトラックバック

プロフィール

azy

Author:azy
猫好きだけど飼ったことはおろか、触ったこともあんまりない管理人。
日々悪戦苦闘。


*ライオネル(レオ)
母チンチラ×父

誕生日

2006/4/4生まれです♪

*script by KT*

最近の記事

猫友達の輪

お友達募集中☆

☆猫友達の輪☆

猫友達の輪もついに二桁!そう言うわけでリンク集を別に設けてみました。ぜひレオのお友達を訪ねてみて下さい!

Let's join us!!

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。